前へ
次へ

不動産売却時の税金での5年の計算方法

住宅を購入するときはできれば吉日などに行うかもしれません。だからと言って特定の日に購入者が集中するわけでもないでしょう。ですから縁起が良さそうな1月1日に多くの人が購入するわけではありません。ただ不動産売却においては1月1日がキーポイントになるので注意が必要です。不動産売却では譲渡益が発生するときがあり、そのときは所得税の支払いが必要です。又保有期間によって税率が変化し、短期譲渡所得だと税率が30パーセント、長期譲渡所得だと15パーセントなのでできれば長期譲渡所得になるよう不動産売却した方が良くなります。ではどのタイミングで不動産売却すべきかです。不動産売却時の譲渡益が出たときの保有期間の計算方法は単純に取得日から売却日との差を計算するわけではありません。不動産売却した年の1月1日時点において5年以下か5年を超えているかで計算するとされ、その年の1月1日から12月31日までなら同じとなります。年末に慌てて売却すると短期譲渡所得になる可能性もあるので注意しましょう。

Page Top