前へ
次へ

不動産売却前にしておいたほうがいいこと

不動産売却に関して必要となるのは、土地の境界線の確認です。数多くの地域で裁判になるまでトラブルが多いといわれているため、土地の境界線に関してはしっかり確認しておかなければなりません。あいまいなまま不動産売却をしてしまうと、次の持ち主にトラブルが発生する恐れがあるため、必ず確認してから売却することが必要です。不動産売却前に登記簿や構図などの書類を元より、現地でも直接明らかにしておく必要があります。ただし、直接一人で確認する隣の土地の持ち主に言いがかりをつけられる恐れがあるため、不動産業者に同行してもらい、適切な土地の境界線を確認することが不動産売却前に行うべきポイントです。ただし境界線がない場合には土地の実測作業を行ってから隣の不動産所有者と協議を行って教会確認書を交わすなど、トラブルにならないように対処しておくことが重要となります。不動産業者や弁護士などに間に入ってもらい、不動産売却を行う前に問題解決に努めることが重要です。安心して利用できるようにしておくことは、不動産売却前に行うべき義務といえるでしょう。

Page Top