前へ
次へ

収益化しているビルを不動産売却するときに行うこと

所有しているビルを不動産売却する場合、一般的な住宅とは違う手続きが必要です。まずは不動産売却前に投資家向けに検討資料をまとめておきましょう。レントロール・修繕履歴・メンテナンス費用・固定資産税などの納税通知書などがあります。入出金のすべてが把握できる資料を指します。検討者が現れてからから作ると大変です。不動産売却を決心したら検討資料をPDFにまとめておきましょう。資料一式がすぐに用意できれば投資家も助かります。不動産売却の際はテナントに事後通知をしましょう。不動産売却前にテナントに言う義務はないので終わった後でも構いません。賃貸人が変わったことを軽くテナントに伝えれば問題ありません。賃貸人が変わると家賃の振込先が変わります。これらの通知まで行うことで不動産売却が完了します。不動産売却で忘れていけないことが敷金の生産です。賃貸人が変わると、修繕義務や敷金返還義務も移ります。収益が出るビルの不動産売却は不動産会社が「敷金の精算」を行います。そのため、売主は不動産売却後に敷金分の手取りが減るので注意しましょう。

Page Top