前へ
次へ

期限を意識した不動産売却の進め方

所有している住宅の不動産売却を進めるか迷って、家族内で話し合いを続けていたのですが、希望する金額だけでなく期限なども明確に決めておくべきだったと後悔しています。不動産売却は期限を決めておかなければ、一定の期間が過ぎると土地の価格が大きく変動してしまい、もっと早いうちに手続きを済ませておけば良かったと後悔することも珍しくありません。数ヵ月前に不動産売却を進めておけば2000万円で買い取ってもらえた物件が、気付くと1800万円ほどに価格が下がってしまい、エリアごとの価値は短期間で変わることを実感しています。土地の価格が変動しないうちに不動産売却を済ませたいのなら、話し合いを始めてから半年以内には手続きが終わるように期限を決めておくことが重要です。住み替えを目的として不動産売却を始める際には、住み替え先となる物件を早いうちに契約しておくことも大切だと学べたので、また不動産売却の手続きを進めることがあるなら今度は違うやり方を試そうと考えています。

Page Top