前へ
次へ

不動産売却時の査定額は安すぎても高すぎてもダメです

不動産売却したいなら少しでも高く売りたいものです。ただ、不動産会社が提示する査定額があまりに高いと注意が必要です。自社で不動産売却したいからわざと価格を釣り上げている可能性があります。予想していたより低い査定額を提示されることもあるでしょう。もっと高く不動産売却できるのでは疑問に感じるかもしれません。不動産会社は不動産売却のプロです。よほど安くない限り、相場の金額とそれほどかけ離れていない査定額を出します。相場よりあまりに高いと購入したい人は現れません。反対に安すぎても訳あり物件じゃないかと疑念を持たれてしまいます。信頼できる不動産会社は不動産売却した物件に適切に沿った査定額を提示します。そしてこの不動産売却額もずっとそのままの数値ではないことも注意です。不動産の相場は日々変わっており、需要と供給で簡単に変化します。災害などで地価が高いエリアが暴落してしまうケースも十分考えられます。現在の状況のままで今不動産売却した時の価格がイコール査定額となるでしょう。

Page Top