前へ
次へ

自分の家を不動産売却して手放したい場合

自分が住んでいる家も大事な不動産です。もし手放したいと考えている方は不動産売却も視野に入れましょう。不動産会社と契約を結んだら家を買ってくれる人がいないか探してくれます。もし、家が気になる人が見つかれば日程を調整して内覧してもらいます。家を内覧してもらう前はとにかく徹底的に綺麗にしましょう。拭き掃除も行い、できれば家の中に荷物などを一切置かないのが理想的です。住むながらでも引っ越してからでも不動産売却は可能です。ただ、引っ越して何もない状態のほうが部屋が広く清潔に見えます。ハウスクリーニングで汚れやすい場所を掃除してもらえばより清潔感を印象づけられます。見た目の印象を良くすれば不動産売却に断然有利です。不動産会社と売買契約をするときは売買契約書の内容をくまなくチェックしましょう。いくらで不動産売却するか、引き渡し時期などがまとめられています。買主と話し合って決めたことも細かいことものっています。いくら買主の合意を得ても、契約書に書かれていなければ無効となります。しっかり確認してから判を押しましょう。不動産売却時の際、購入した金額より売却額が上回ったら利益を得られます。より利益を得られた分は譲渡所得税が発生します。不動産売却時には多くの費用も発生するのでその点も念頭に入れましょう。

Page Top